平成28年度 総合南東北病院 病院指標

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、情報公開をしています。
この病院指標は、数値やデータを解説し、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

現在公開している病院指標は、平成28年度(2016年4月1日~2017年3月31日)に保険適用で一般病棟を退院した患者を対象にしています。
ただし、労災保険、自賠責保険、自費診療、入院後24時間以内に死亡した患者のデータは含まれません。

病院情報の公表にあたっては、「医療機関ホームページガイドライン」を遵守しています

DPC病院が情報公開するのは次の7項目です。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

●集計の表示について
   指標の中で、件数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 56 62 122 192 307 726 849 997 333

●年齢は入院時の満年齢で、10歳刻みに集計しています。

当院は、「皆さんが安心して暮らせ、心の支えとなる病院に」を基本理念とし、急性期医療から慢性期、維持期、在宅までを担う「完結型施設」という特徴を持つ、地域密着型の病院です。 幅広い年齢層の地域の方々に受診いただいている中、 60歳以上の患者さんの占める割合が約80%となっており、症状が重症になりやすい高齢の方の入院が多くなる傾向にあります。 これからも地域の皆さんに最適な医療の提供を続けていきます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位)ファイルをダウンロード
脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(JCS10未満)  エダラボンあり、リハビリあり 49 31.51 16.54 4.82 68.63
030400xx99xxxx 前庭機能障害 36 4.22 5.24 0 71.42
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(JCS10未満) 31 44.87 19.35 9.68 70.81
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄  脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術等あり 31 22.68 17.99 0 70.06
010060x2990201 脳梗塞(JCS10未満)  リハビリあり 29 12.93 16.73 0 71.93
当院の脳神経外科では、脳血管疾患、脊椎脊髄疾患の治療を行っております。 
その中でも脳梗塞、めまい、脳出血、頚椎症の患者さんが上位になっています。
脳梗塞の症例では、急性期治療と並行して、早期よりリハビリを開始し、急性期治療後は回復期病棟へ転棟し、リハビリ専門医のもと、在宅復帰を目指します。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 44 5.18 6.82 0 58.5
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 25 5.32 7.61 0 60.88
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 23 7.13 9.08 4.35 66.96
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 22 4.32 5.6 0 38.91
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 21 15.29 15.92 0 71.29
当院の外科では、消化器一般外科・小児外科・呼吸器外科、内分泌疾患(甲状腺・副腎など)に対する外科治療を行っています。
その中でも胆石症、胆のう炎、腸閉塞、急性虫垂炎、大腸がんの症例が上位となっています。 鼠径ヘルニア手術は、「短期滞在手術等基本料3」の対象のため上記のデータには反映されていませんが、鼠径ヘルニア手術による入院が最多(28年度実績:97人)です。
治療には腹腔鏡下手術を導入しており、術後の回復が早く入院期間も短くなっています。
さまざまな疾患に腹腔鏡下手術を導入し、安全かつ体にやさしい手術を提供できるように心がけています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 49 21.96 12.43 2.04 77.96
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 20 4.2 5.25 10 49.65
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 - - 9.43 - -
当院の泌尿器科では、主に尿路系疾患の治療を行っています。
腎・尿路感染症、腎・尿管結石症が上位となっています。
腎・尿路感染症は入院期間が長めの傾向ですが、高齢の患者さんの割合が多く、再発・重症の症例や、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 内視鏡的胆道ステント留置術等 52 9.06 11.06 0 72.04
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 36 80.3 9.19 0 62.17
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない結腸憩室炎 26 10.04 7.89 0 60
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 24 11.58 7.24 0 56.79
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃粘膜切除術 22 9.05 9.02 0 71.32
当院の消化器科では、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓疾患の診療を行っています。
その中でも、総胆管結石・胆管炎、腸炎、結腸憩室炎、早期胃がんが上位となっています。 大腸ポリープ切除術は、「短期滞在手術等基本料3」の対象のため上記のデータには反映されていませんが、大腸ポリープ切除術による入院が最多(28年度実績:125人)です。
内視鏡による診断・手術の充実をはかり、検査による苦痛への配慮を十分に行うとともに、検査精度の向上に努めています。
また、外科との連携を密に行い、診断から治療までを一貫して行う体制を整えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術等 120 53.8 27.63 7.5 82
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 28 5.96 5.49 0 56.93
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 あり 21 14.24 10.63 0 73.81
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 17 9.24 5.69 0 68.41
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 13 6 5.33 0 28.96
当院の整形外科では、骨折、捻挫、交通事故、スポーツなどによるけがの治療を行っています。 その中でも、股関節大腿骨の骨折の入院が、人工骨頭挿入術と骨折観血的手術の合計で120人と最も多くなっています。 入院期間が長い傾向になっていますが、高齢の患者さんであり、急性期治療の後、リハビリ病棟でリハビリされてから退院となるためです。 前腕の骨折は、併存症の有無によって、入院期間に差があります。患者さんの年齢層が低いほど在院日数が短くなっています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 43 40.21 21.25 4.65 84.91
0400801499x001 肺炎(75歳以上) A-DROP スコア1 18 15.78 13.6 0 82.33
0400801499x002 肺炎(75歳以上) A-DROP スコア2 12 37.33 15.29 8.33 87.58
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 11 20.18 19.92 0 81.09
040100xxxxx01x 喘息 10 28.1 12.38 0 83.7

●A-DROPスコア:市中肺炎の重症度分類

 1.男性70歳以上、女性75歳以上

 2.BUN 21dL以上または脱水あり

 3.酸素飽和度(血液中の酸素が含まれている割合) 90%以下

 4.意識障害あり

 5.収縮期血圧(上の血圧) 90mmHg以下

 上記、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点で、5点満点

当院の呼吸器科では、肺炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患などの診療を行っています。
肺炎が上位を占めており、いずれも平均年齢が80歳以上の高齢の患者さんです。
入院期間が長めの傾向ですが、再発・重症の症例や、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査あり 136 2.95 3.06 2.94 71.68
050130xx99000x 心不全 50 26.52 17.95 8 81.96
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー移植術等 心臓カテーテル検査あり 25 13.24 11.38 0 77.12
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術等 心臓カテーテル検査あり 21 8.24 4.71 0 74.43
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査+血管内超音波検査等あり 16 3.31 3.22 25 69.75
当院の循環器科では、主に心臓疾患の治療を行っています。 診断のための心臓カテーテル検査入院(28年度実績:178人)、心不全、狭心症・虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント治療(PCI)等の入院が上位になっています。 心不全の症例では、入院期間が長めになる傾向がありますが、リハビリを行い退院する高齢の患者さんが多いためと思われます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx2xx 筋萎縮性側索硬化症(ALS) エダラボンあり 19 14.5 17.8 0 50.26
010155xxxxx10x 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 人工呼吸あり 14 18.29 18.82 7.14 64.14
030400xx99xxxx 前庭機能障害 - - 5.24 - -
010160xx99x00x パーキンソン病 - - 18.71 - -
010220xxxxxxxx その他の変性疾患(レビー小体型認知症等) - - 16.35 - -
当院の神経内科では、県南地域の神経疾患の患者さんの中核病院として役割を担い、主に変性疾患、脳血管疾患、認知症等の診療を行っています。急性期治療や計画的な療養に対応しています。入院期間が長めの傾向ですが、急性期病棟からリハビリ病棟を経由して退院される患者さんが多いためと思われます。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 61.38 21.25 24.14 83.45
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 18 26.89 12.43 0 82.11
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 47.46 14.6 23.08 79.92
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 11 20.82 19.24 18.18 77.55
当院の救急科では、24時間体制で院内の各診療科の医師やスタッフと連携し、広範地域の救急車受入れに対応しています。 肺炎、敗血症等の重症患者さんの集中治療を中心に行っています。 入院日数が長くなる傾向がありますが、高齢の患者さんの割合が高く、再発・再燃や、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 31 - - 14 - - 1 7
大腸癌 15 21 35 37 - 21 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

●UICC TMN分類病期分類別とは、がんの進行度を判定する基準として、国際的に活用されているがん分類方法です。

 各種の検査結果から
 ①原発がんの大きさと広がり、深さをT
 ②原発がんの所属リンパ節転移の状況をN
 ③他臓器への遠隔転移状況をM
 として区分し、各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。

「初発」とは、当院においてがんと診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

当院のがん治療は、外科、消化器科が担当しています。
胃がんはStageⅠの早期がんの割合が高くなっています。早期がんには内視鏡による切除術、腹腔鏡下手術を行っています。StageⅣや再発に対しては化学療法が主な治療となります。
大腸がんは進行がんでの診断が多くなっています。StageⅢ・StageⅣ・再発が多いのは、計画的な化学療法で複数回入院されている症例を重複して集計している影響があります。早期がんには内視鏡による切除術、腹腔鏡下手術を行っています。
当院では PETーCT検査装置によるがん検診や、精密検査にて、がんの早期発見、診断、治療を一貫して行う体制を整えています。外科的治療、化学療法、緩和療法など患者さんの状態に合わせた治療法を選択します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 82 24.84 81.49
重症 27 45.78 84.67
超重症 27 54.74 84.33
不明 - - -

●市中肺炎の重症度分類:A-DROPスコア

 1.男性70歳以上、女性75歳以上
 2.BUN 21dL以上または脱水あり
 3.酸素飽和度(血液中の酸素が含まれている割合) 90%以下
 4.意識障害あり
 5.収縮期血圧(上の血圧) 90mmHg以下
 上記、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点で、5点満点
  軽 症:0点の場合
  中等症:1~2点の場合
  重  症:3点の場合
  超重症:4~5点の場合
  不  明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合

当院の肺炎の症例は、中等症が最も多く、次いで重症、超重症の順となっています。 入院期間が長い傾向となっている症例は、平均年齢が80歳以上の高齢の患者さんであり、症状安定後にリハビリを行い退院となるためです。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 232 40.9 74 9.13
その他 20 48.25 74.75 1.59
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 15 10.73 69.87 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院で治療した脳梗塞症例のほとんどが発症後3日以内に診断・治療を開始しています。 発症から4.5時間以内に治療可能な血栓溶解療法(t-PA静注療法:28年度実績7例)を行う体制が整っています。 急性期治療と並行して、早期よりリハビリを開始し、急性期治療後は回復期病棟へ転棟し、リハビリ専門医のもと、在宅復帰を目指します。 また、脳梗塞の原因となる頚部の内頚動脈の硬化症による、閉塞・狭窄症には、外科的治療(頸動脈血栓内膜剥離術:28年度実績15例)により脳梗塞発症予防を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位)ファイルをダウンロード
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 1.08 16.19 5.41 77.41
K1426 椎弓形成術 25 2.16 22.04 0 69.28
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 22 0.91 19.95 9.09 66.59
K1425 椎弓切除術 19 1.42 32.32 5.26 70.84
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 17 2.35 12.76 0 48.12
当院の脳神経外科では、低侵襲脊髄手術センターにて、頚椎・胸椎・腰椎疾患に対し、ほとんどの症例に顕微鏡・内視鏡による低侵襲手術を行っています。 脳動脈瘤に対する手術は、1箇所が22件、2箇所以上が2件で合計24件、内訳として未破裂に対して19件、破裂(くも膜下出血)に対して5件となっています。 脳検診での発見が早期治療につながり、重症化せず早期退院が可能となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 92 1.05 2.98 2.17 68.28
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 76 1.51 4.75 0 60.83
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 26 4.5 15.58 3.85 71.65
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.3 3.09 0 40.13
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 13 5 4.23 7.69 39.31
当院の外科では、さまざまな腹部の疾患、胸部(肺)の疾患に対して、鏡視下手術を導入しています。 また、小児外科、内分泌疾患(甲状腺・副腎など)に対する治療・手術も積極的に取り組んでいます。
腹腔鏡・胸腔鏡下手術は、安全かつ体にやさしい手術であり、術後の回復も早く、入院期間も短くなっています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 88 0.72 1.59 2.27 69.18
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 37 2.41 2.51 0 67.86
K654 内視鏡的消化管止血術 26 2.04 18.04 3.85 75.46
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 2.45 7.32 0 71.77
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 0.32 16.95 4.55 79.27
当院の消化器科では、大腸ポリープに対する内視鏡的切除術、総胆管結石症・胆管炎に対する胆道ステント留置術、乳頭切開術が上位となっています。 内視鏡による診断・手術の充実をはかり、手術の苦痛への配慮を十分に行うとともに、精度の向上に努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 76 4.34 44.29 6.58 79.86
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 59 5.02 48.08 3.39 80.86
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 34 1.79 27.94 0 59.26
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 28 1.79 11.29 0 65.64
K0483 骨内挿入物除去術(前腕,下腿) 25 0.96 3.44 0 58.52
当院の整形外科では、股関節大腿骨骨折に対する骨折観血的手術と人工骨頭挿入術が多数となっています。
入院期間が長い傾向になっていますが、高齢の患者さんであり、急性期治療の後、リハビリ病棟でリハビリされてから退院となるためです。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 22 1.59 6.41 0 74.73
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 1.19 10 0 73.69
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
当院の循環器科では、狭心症・虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント治療(PCI)が最も多く、急性期の心血管疾患への対応ができています。術後にリハビリを行い退院される患者さんもいます。 次いで、洞不全症候群・房室ブロックに対するペースメーカー移植術が上位となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 34 0.93
異なる 20 0.55
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.38
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)は感染症、悪性腫瘍に合併することが多く、全身の血管内で血栓ができる病態です。 
敗血症・真菌感染症は、血液が細菌に感染し、全身に炎症を起こす病態で、主に悪性腫瘍や腹膜炎、肺炎や尿路感染症など、免疫不全状態に合併します。 敗血症に陥り緊急入院した患者さんが34人に対し、入院後に合併発症した患者さんは20人でした。
手術・処置の合併症には、術後の出血、創感染、縫合不全などがあります。一定の確率で起こり得るものですが、発症が最小限になるよう努めています。
更新履歴
2017/9/29
平成28年度のDPCデータによる病院情報を公開しました。
平成27年度病院指標