リハビリテーション科(回復期リハビリテーション病棟)|部門一覧|総合南東北病院
MENU

部門一覧

リハビリテーション科
(回復期リハビリテーション病棟)

回復期リハビリテーション病棟の概要

回復期リハビリテーション病棟は、医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、管理栄養士、薬剤師など多くの専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、在宅復帰を支援しています。

入院後すぐに力をつけたり、体力をつけるなど身体機能の回復をすすめるとともに、寝たきりにならないように、起きる、食べる、歩く、トイレに行く、お風呂に入るなど(これらの活動を「日常生活動作」(ADL)といいます)への積極的な働きかけで改善を図っていきます。

また、患者さんご自身にも身体機能の回復、在宅復帰のために自身でできる練習をして頂きながら、ご家族へリハビリ状況の報告や、在宅生活のサポートについても随時行い、ご自宅の図面や写真を基に環境調整についても相談していきます。必要な方には実際にご自宅へ訪問することもあります。
患者さんによっては家事など(「手段的日常生活動作活動」(IADL)といいます)の練習にも取り組んでいきます。

※回復期リハビリテーション病棟入院料〔1〕に係る掲示事項

図:回復期リハビリテーション病棟概要

入院申込はこちら

身体機能訓練

ADLの向上を図る上で、身体機能の改善にも患者さんの状態に合わせて、最新の機器や様々な練習方法でアプローチしていきます。

ADL練習

ADLの練習は、最初は当面の生活の場である病棟内での自立を目指して、評価や練習を繰り返していきます。カンファレンス(多職種で集まり患者について検討する会議)で情報を共有し、自立を検討、また徐々に実際のご自宅を想定した練習に移行していきます。

IADL(手段的日常生活活動)練習

患者さんによっては調理、洗濯、掃除などの家事や、仕事上必要な電話対応、パソコン操作なども練習していきます。

家族指導・自主練習

退院する患者さんのご家族に、日常生活においての注意点や介助方法を指導させていただきます。また、自主練習が可能な方には入院中に指導させていただき、退院後も能力を維持出来るように支援します。

退院前訪問指導

退院される方に対して、リハビリ担当者が伺い、日常生活動作の確認を行います。その結果に基づいて、福祉用具の使用を検討したり、手すりの設置など住宅改修のアドバイスをしたり、退院後の生活を見据えた指導を行っていきます。また、患者さんの退院後の生活に合わせて、入院中にリハビリ担当者が同行して外出練習を行う場合もあります。(※新型コロナウィルス感染症の影響を考慮して実施の可否は慎重に行っております)

行事・装飾

入院によって、季節の行事への参加や他者との交流の機会が少なくなります。四季折々の飾り付けや行事を行うことで、入院中でも季節を感じ、患者さん同士の交流を深めるきっかけ作りとなっています。飾りは、ベッドから起きて活動が可能な患者さんに作っていただいています。