リハビリテーション科(理学療法)|部門一覧|総合南東北病院
MENU

部門一覧

リハビリテーション科
(理学療法)

身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること
~理学療法士及び作業療法士法による定義~

理学療法部門

理学療法部門では医師の指示のもとに、主に入院患者さんを対象に理学療法を実施しています。 一般病棟では発症又は手術翌日から病棟でのリハビリを開始し、体調に応じて基本動作能力の向上を目的に理学療法を展開していきます。カンファレンスなどで他職種との連携を図り、必要な患者さんには家屋改修についての相談など、患者さん一人一人が出来るだけ早く、安心して在宅生活ができるように取り組んでいます。

ベッドサイドでの理学療法

バイタルサインをチェックしながら、発症後早期から介入します。

関節可動域練習

関節の拘縮予防・改善を目的に行います。

階段昇降練習

実際の生活場面で必要な動作の練習も行います。

物理療法

主治医の指示のもと、電気刺激や温熱による疼痛緩和を目的とした物理療法を行います。

シート式下肢荷重計

下肢の機能的な障害や神経疾患などの病態の観察及び評価に用います。
また、高齢者の運動・歩行機能の評価、バランス能力の計測を行います。

マシントレーニング

マシントレーニングを軽負荷で行い、全身各部の使っていない筋肉を動かすパワーリハビリテーション理論に基づいたトレーニングを行います。 また、身体状態に合わせながら高負荷で積極的な筋力トレーニングも行っています。

心臓リハビリテーション

自転車エルゴメーターやトレッドミルを用いた運動負荷試験の結果を基に、運動処方や生活指導を行います。

ロボットスーツHAL®

CYBERDYNE社のロボットスーツHAL®を使用し、神経難病などの対象疾患患者さんに対して、起立や歩行練習を行います。

末梢神経磁気刺激装置
Pathleader(パスリーダー)

末梢神経に磁気刺激を与え、筋の収縮を誘発します。多連発かつ連続的磁気刺激が可能で、今までの電流刺激に比べて痛みや不快感が少なく、衣服の上からハンディプローブを近づけるだけで刺激できるのが特徴です。粘着パッド等を直接皮膚に張り付ける必要がなく、ハンディプローブをあてるだけなので様々な部位への刺激が可能です。